回数券チケットの制作

HOME » チケットのデザイン » 回数券チケットの制作

回数券チケットの制作

チケットには1回きりの使用となるものも多いですが、回数券タイプとなるチケットもありますよね。
複数回分の使用券が1枚のチケットになっており、それを1枚買うとその使用回数を使い切るまではそのチケットで入場や購入などができるというチケットです。
これを制作したいこともあるでしょう。

チケット制作をやっている業者の中には、このような回数券タイプのチケット制作ができる場合もあります。
それができる場合、いわゆる回数券といわれるタイプのチケットを自由にデザインし、実際に印刷もして完成させられますよ。
このときに気になるのは1回使用するごとに半券を切り取っていくタイプの回数券が作れるかどうかではないでしょうか?
回数券といえばそのようなチケットをイメージする方も多いでしょう。
これは可能です。

複数回分の券がミシン目でつながっており、実際に使ったときはその場で簡単に1枚切り取れるようなチケットになっています。
何回分の使用券がつながっているかというと、これは業者によって変わることもありますが、6枚綴りと11枚綴りのどちらかを選べるというタイプが多いですね。
このような回数券チケットの制作も可能です。

そしてこれを実際に作るときにもデザインは大事ですよね。
なるべくおしゃれなものだったり、その回数券のチケットにもサービスや商品の簡単なイラストなどを入れたかったりもするでしょう。
そのようなデザインの指定も可能です。
特に回数券などではない1回きりのチケットなどと作り方は同じで、業者にはデザインの制作と印刷をまとめてお願いすることもできます。
これをすると業者の方で回数券のデザインを作成してくれます。
そのような提案を受けた上でそれでいいと思えばそれを採用し、そのまま印刷ができるのです。

印刷するときにはコート紙やマット紙などいくつかの種類から選びますが、回数券でも用意されている用紙の中から好きな種類や向いている種類を選べます。
そして回数券の制作で選べる用紙なら、それを使って6枚綴り、11枚綴りといった回数券を作れるのです。
きちんとミシン目も入っていますから、実際に使う場面になって使いづらいといったこともありません。

このように回数券チケットの制作も業者に依頼してデザインや印刷などをすべてやってもらえます。
ただ、回数券にも対応しているかどうかは業者によっても変わります。
ミシン目があって1回ずつ切り離せるタイプのチケットで、しかも6回分、11回分といった量の回数券を作りたいときは、これに対応できるか最初にしっかり確認するといいでしょう。