チケット制作の依頼

HOME » チケットのデザイン » チケット制作の依頼

チケット制作の依頼

デザインと印刷をあわせてチケット制作を行うとき、業者などに依頼することも多いでしょう。
このときの依頼の流れについてご紹介します。

依頼したい業者やサービスを見つけたらそちらまで依頼の連絡をしていきます。
もう依頼を前提とした連絡ができることもありますし、まずはその業者まで問い合わせの連絡となり、その連絡を通して正式な依頼をする流れとなることもあります。
とにかく急いでいるときはすぐに依頼ができる業者を選ぶのもいいですが、チケット制作の流れがあまりよくわかっておらず、サービスの内容や流れをしっかり確認したい方は、まずは一度問い合わせてサービス内容などをよく確認するのがおすすめです。

いずれにせよ依頼をしたい業者に連絡が必要となりますが、これは電話やメール、WEBサイトのフォームなどから可能です。
チケット制作業者のサイトなどわかる場合は、そちらに問い合わせや依頼用の連絡先やフォームがある場合も多いですからチェックしてみてください。

連絡をしたら業者から連絡があり、サービス内容や規約の確認、見積の提示などがあります。
この段階で詳しい打ち合わせや依頼内容の確認が行われることもありますが、まだこの段階では利用したい大まかな制作コースの選択や、各コースのサービス内容の説明だけに留まることもあります。
この時点での依頼内容やその内容に応じた見積を確認したら、正式な依頼をするかどうかを判断してください。

正式な依頼をしたら料金が発生します。
これは先払いとなることも多いです。
その支払いを業者側で確認できたらチケットのデザイン制作が始まります。
見積前の段階で詳しい打ち合わせをしていない場合、この段階でどのようなチケットを制作するか、方針や指定などを確認していきます。
それに応じて業者の方でデザインを作るのです。

一度完成したら業者から確認の連絡がありますから、それを見てOK・NGの判断をします。
修正点があればここで修正可能です。
ただし、細かい指定をした上でその通りに仕上げるように依頼をしていた場合、最初の指示内容と違う修正は無料ではできません。
また、無料で対応できる修正回数に指定がある場合も多いです。
業者から確認をお願いされたらしっかりチェックし、一度の修正で問題点を全部解決できるようにするといいでしょう。

デザインの確認も終わってOKとなったら印刷が行われます。
完成したら依頼人の指定の送り先まで郵送されて完了となるのです。
チケット制作の依頼の流れはこのようになります。