チケットデザインの依頼

HOME » チケットのデザイン » チケットデザインの依頼

チケットデザインの依頼

チケット制作のためにデザインと印刷をまとめて依頼するときに、印刷の依頼についてはイメージができるかもしれません。
しかし問題はデザインの依頼ですよね。
チケットのデザインの依頼はどうなるのかご紹介しましょう。

依頼の方法は主に2種類あり、具体的なデザインを指定して依頼する場合と、そのような基本的な部分から業者に依頼する方法とがあります。
まず具体的なデザインを指定して依頼する方法からご紹介しましょう。
このときにはどんなチケットのデザインがいいのか、依頼人がレイアウトなどを考えます。

レイアウトとはそのチケットのスペースの中でどこにどんな画像やテキストを載せるのかといった配置に関する情報のことです。
デザインの基本的な方向性を決める土台の部分となりますが、それを依頼人の方で決めるのですね。
基本的な配置の情報を決めた上で、各部分に載せる画像やテキストなども依頼人の方で用意したり、方向性を指定したりします。

このようなことを決めたら、それを業者やサービスに伝えるために簡単なレイアウトのラフを制作します。
これらを業者に渡すことでチケットのデザイン制作をしてもらうのです。
この方法で依頼すると、その依頼人が考えたラフを業者が仕上げる形となりますから、完成品は依頼人の思った通りの出来となることが多いです。
すでにチケットのデザインに強い希望や指定などがある場合は、完成品がそれらからずれないようにこのような方法で依頼するのがおすすめとなります。

チケットのデザインの依頼ではこのような細かい指定をしない方法もあります。
こちらがもう1つの方法となりますね。
これはレイアウトやキャッチコピー、説明文などかなり細かい部分について業者が一から作る方法となります。
たとえラフでもこれらを自分で作れなかったり、作る時間がなかったりするときなど、すべて業者に任せたいことも多いですよね。
こちらはそのような方法となります。
そのチケットが使われるライブやイベントなどの情報や、チケットに載せたい開始時間や場所など事務的な情報をもとに、業者の方でデザイン制作を一からやってくれます。

自分でラフや細かい指定などを作らなくていいのがこの依頼方法のメリットです。
もちろん細かい指定をするときに比べて料金が高くなるのですが、チケットのデザイン制作を完全に任せたいときなどおすすめの依頼方法となりますね。
業者によって両方どちらでも対応できる場合もありますし、どちらか片方だけとなる場合もありますが、チケットのデザインの依頼はこのようにして行えます。